リーブスマスターヒーラー インタビュー#1 松中純子さん 親子関係の悩みをヒーリングでサポート!

皆さん、こんにちは。

今回はリーブスヒーラー、リーブスマスターヒーラーさんたちへのインタビュー記事の第一弾をお届けいたします。

ぜひ、ご一読ください!

長年、看護師、助産師として活動してきた松中純子さん(熊本県在住)。育児で抱えた問題をきっかけにヒーリングの世界と出合い、現在はヒーリングルーム「アルメリア」を主宰し、リーブスマスターヒーラーとして、新たに見つけたライフワークに取り組んでいます。

──現在の活動について教えてください

 松中純子さん:すべての年代の方々にヒーリングを提供して10年経ちますが、現在は特に親子のコミュニケーションの問題、不登校や引きこもりのお子さんなどを抱えている親御さんなど、「思春期の親子関係」で悩んでいらっしゃる方をサポートするヒーリングに力を入れています。

 

──なぜ親子関係の改善をサポートしたいと?

 

 私自身が、長男の育児の際にすごく悩んだ経験があったからです。カウンセラーさんに相談しても、「これくらい普通ですよ」で終わってしまうんですね。でもこちらとしては普通じゃない!って(笑)

 ですから、親子の悩みをサポートできるヒーリングが提供できないか、とずっと考えていたときに、「リーブスヒーリングマスターコース」では、自分独自のオリジナルヒーリングが研究できると知り、半年かけてリサーチ&研究(※)をくり返してオリジナル施術の「Oyako(親子)ヒーリング」を開発したんです。

 ※松中さんが取り組んだマスターコースの研究テーマ:「不登校中高生を持つ母親の自尊感情向上を目的としたヒーリングの有効性」

 

──どのような施術なのですか?

 

 まずはカウンセリングでお悩みを聞き、問題解決に向けたヒーリングを段階的に行っていきます。

 ヒーリングに使う施術は、リーブスで学んだ「護プラクティス」「自己治癒プラクティス」「自立プラクティス」「魂プラクティス」などの要素を、相談内容に応じて組み合わせていきます。

 最初はまず親御さんのヒーリングから始めていき、必要に応じてお子さんに対しても、親御さんからの許可を得たうえで遠隔でのヒーリングを行っていきます。

 問題解決までに必要な期間はケースバイケースですが、3か月くらいを考えていただくようにしています。

「相談者に寄り添った親身なセッションを心がけています」という松中純子さん。

──印象的な施術例などはありますか?

 

 マスターコース在学中、モニターとして施術させていただいたある親子のケースでは、不登校を経験し、自己否定によって生きる希望が見いだせずにいた高校生の娘さんが、短期間に劇的な変化を見せて、大学受験への意欲も湧き「志望校へ合格できました」と報告してくれました。

 また最近では、高校を卒業後に引き込もりになってしまった娘さんが、アルバイトをしながら社会と関われるようになり、「精神的にも安定してきました」と、お母さまから喜びの報告をいただきました。

※松中さん届いた「お客様の声」はこちらから。

──これまでのリサーチ&研究と施術活動を通して、わかったことはありますか?

 

 はい。まず、Oyakoヒーリングを受けることで、相談者さまの「自己信頼感が増した」というケースが多かったことです。

 そして、お子さんとの問題や、お子さん自身が何か問題を抱えているなとわかったら、早めのケアを心がけることですね。

 30代の引きこもり男性へもヒーリングした経験がありますが、思春期を終えて成人すると、人格形成もより確固たるものになるため、ヒーリングの介入がより難しくなり、時間もかかります。ですから、人格形成に大切な思春期の時期にヒーリングの必要性を理解し、スピード感を持ったヒーリングの介入が必要だなと感じました。

 また、私の場合もそうでしたが、親子関係の改善においては、「親が癒しを必要としている場合も多い」ということ。

 親はだいたい「子供の行動を何とかしたい!子供に問題があるのだ!」と思いがちなのですけど、じつはそうでもないと(笑)。実際、親御さんをヒーリングしただけで問題が改善した、というケースもあります。

※松中さんの興味深い体験談はまだまだ続きます。続きはリーブスホームページで!

松中純子さんインタビュー記事

Leaves Institute について

一人一人の信念と哲学、独自の方向性を尊重しながら、癒しや自己実現のお手伝い、そしてそうしたお仕事に関する学びを提供しています。また、人間、人生、宇宙、その他の様々な神秘について、皆様が自分の求める答えを受け取り、自己知識に自信を持って生きていけるようにお手伝いすることを目指しています。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中