銀河系宇宙からのメッセージ:イギリス、エイブベリーストーンサークル

計画は随分前からあったのですが、突然のご案内になってしまい申し訳ありません。本日イギリスの朝、日本の夜22時頃から、✨イギリスでもっともUFOが多いことでも有名な、ヨーロッパ最大のストーンサークル、「エイブベリーストーンサークル」✨で、銀河系宇宙からのメッセージと叡智を地上に下ろす一連のワークを、ライトワーカー5名で行います。

このイベントで下ろすメッセージや、叡智は、解読して皆様に提供できるものにしてから、11月30日(木)の朝から夜にかけて、皆様がダウンロードできるように準備する予定です。ダウンロードのやり方やアクセスする場所については、追ってご案内申し上げますので、どうぞお楽しみに!

今回のイベントの目的:

銀河系、アトランティス系、レムリア系、その他宇宙からの影響で始まった古代文明の秘密を解き明かし、今後のアセンションを新境地に誘うための、叡智やメッセージを下ろし役立てていただくこと。

イベント日時:

2017年11月21日(火)日本時間22時〜24時

場所:

英国イングランド南西部ウィルトシャー州
エイブベリーストーンサークル

実施メンバー:

大石直子(リーベルワーク)
堂脇貴史(スピラボ)
平野綾(フリーダムディスティニー)
御崎絢(リバース)
仲裕美子(リーブスインスティチュート)

遠隔サポートメンバー:

吉田佳名子(ウィングオブエンジェル)

イベントへのご参加について:

光の戦士のイニシエーションを受けている方は、解読する前の叡智として受け取っても活用できると思いますので、このイベントに繋がっていただいても、有効かと思います。こちらからデータをお送りすることはしませんが、私達5名でたくさんの存在を集めるので、意識をあわせるだけでもかなりエキサイティングなメッセージや叡智を受け取れるかもしれません。

受け取ったものの活用に関しましては、今後ご案内させていただきますライトワークマスターさんにお問い合わせしていただければ、お手伝いさせていただきます。

ダウンロードイベントのご参加について:

2017年11月30日(木)終日実施予定、追ってご案内いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

世界的に有名な、以下の写真のマジックランナバウトもこのすぐそばです。ここも通って参ります🌟

AAEAAQAAAAAAAAlZAAAAJDhhYWJiMTVhLTJjMDAtNGQzMy1hMTIxLWIzMGJkMTYwZjNmMw<<<<<<<

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

「王の封印解除」社会変革へのワークご報告

こちらでは、「王の封印解除」社会変革へのワークを通して、私の気づきましたことをシェアさせていただき、皆様の経験を理解することへのヒント、あるいはこのイベントからより受け取っていただくための手助けとなればと思っております。この文章を読まれる方に、私達の今回のワークを通して私が集大成した叡智の波動を、何度でもお送りします。一人一人違う真実、一人一人の愛の覚醒に向かって、手助けになりますように。

政治による社会からの解放

記録にあるエジプト王の歴史は、約5,200年前に遡るファラオ王朝の歴史から始まりました。「王様」というと、政治家的な印象を持たれる方も多いかと思いますが、エジプトにおける王様は、どちらかというと、日本の天皇陛下のように、神に近い存在だったと思われます。それはエジプトの神殿や王の墓、ピラミッドなどの遺跡を訪ねてみれば、感じることができる、「王の権威の前提であった神聖さと霊力の高さ」からも伺えます。

エジプトの王朝の中で、「王の存在の有り様」を変えようとした王様に、ツタンカーメンがいます。今回のエジプト聖地をめぐるライトワークの旅では、、「王家の谷」のツタンカーメンのお墓も訪ねました。色んな噂があるツタンカーメンのお墓ですが、行ってみて驚きました。ツタンカーメンのお墓の中は、神聖な波動と愛に包まれており、ツタンカーメン王のミイラからは、純粋性、聖なる愛などが感じられ、とても清々しい気持ちになりました。魂を聖なる飛躍と、愛と大悟による肉体的制限の超越に向かって、魂を鼓舞された思いでチーム一同感動してしまいました。

そうです。エジプトで私達が見いだした「王」とは、神官を超え神と対話する霊力を持ち、その人生で「人間であることのカルマを超越」し、神になるものの持つ、純粋な魂の輝きでもありました。

ツタンカーメンから感じる波動は、日本の天皇陛下に感じる愛を思い出させました。同じ霊力の息吹を感じさせるものでした。ツタンカーメンの足元、靴には、菊の御紋があったそうです。マヤやインカの文明、南米の古代文明の足跡にも、縄文時代の足跡がありました。日本から全てが始まり、今日本で集大成をしながら、世界へ宇宙へとの流れになっていっているのも感じられました。

「王家の谷」、「カルナック神殿」、「ルクソール神殿」、「アブシンベル神殿」を始めとする全ての神殿で、私達は、神託(メッセージ)と瞑想を通して、エジプト王に限らない「王という権威に向けられる投影」の集合無意識レベルでの解放と超越のワークを行いました。私達一人一人がこの宇宙の王として、宇宙の創造に関わっていくための祈りであり、錬金術的変容を促すワークである、波動レベルでの世界全体に対する働きかけを行ったのです。

その後、エジプト考古学博物館で訪れたミイラ室で展示されている歴代の王のミイラの多くは、神聖な光が微かに揺らめき、「宇宙の調和を大悟し、永遠の命を受け取った者」の持つ「光の生命」を微かに感じさせるものでした。「美しいなあ」と思いました。

こうして亡くなられた後も、光を放ち続ける存在について、エジプトに行く前に準備の一環として、ライトワークに赴いた「比叡山」、「黄泉比良坂」などで受け取った空海からのメッセージで、「肉体が滅んでも与え続けることの秘技」について伺ったことを思い出します。偉大なるスーフィーも同じくそれを行っているのですが、それを今回のエジプト歴代王のミイラを見て、思い出しました。

「新しい太陽」の変化が始まり、物質面でもアセンションが加速し始めた今、「永遠の命」は、古代の意味とは変わって来ています。でも、古代でも「永遠の命」は肉体の制限を超えて存在していたのです。永遠は、「新しい太陽」が作るのではなく、私達の霊性が目覚めることによって生み出す奇跡です。古人は、それをアセンション前に、物質の変容が起こる前に、こうして見せてくれていたのだと思います。

「王の封印解除」の一連のワークは、社会変革をテーマにしながら、私達一人一人の永遠生への覚醒、創造性への覚醒、独自性への覚醒が社会変革を導きだすということなのです。社会を変えるのではなく、社会が変わる。私達がフォーカスすべきは、誰かに従うことではなく、自分自身の真実に目覚め、それに誠実に、完全に独自であるが故に、宇宙と調和する「自分の神聖」を覚醒することなのだと思うのです。

アトランティスからの封印

また、今回10月30日にカルナック神殿で仲が行った、5000年前の封印の解除から世界は大きく開いていっています。5000年前と言っても当時の自分の寿命が千年以上あったので、6000千年前だったのかどうかはっきりしないのですが、それは「アトランティスの失敗を繰り返さないための封印」でした。

今世界は、その封印が解かれ、一人一人の力が解放されています。

一人一人に託されたこの世界と宇宙の運命は、でも、一人一人に重い責任となってのしかかっているのではなく、一人一人に力を与えてくれています。決して間違うことの無い、可能性と創造性が私達の中に目覚めて来ています。

夜明け前は暗いですが、気がついたら朝になっているものです。だから歩み続けましょう。力を抜いて、自分の幸せと喜びに正直になれば、身体と魂は「生きる=達成する」方向に私達を誘ってくれます。

今回のイベントを通して、このワークに心を添えてくださった皆様に、学びと魂の鼓舞の波動を送らせていただきながら、今後のお手伝いに役立てていきたいと願っています。

このイベントの感想は、すぐには思いつかないかもしれません。でも、このご報告を読んで、あるいはイベントに思いを返して、思いついたことなどを是非お寄せくださいませ。一ヶ月間に渡り、感想をお受付しておりますので、どうぞ思いつきましたら何度でもお書き込みください。ご自身の体験をシェアされることで、他の方のプロセスを手助けすることも出来ます。感想をいただきますたびに、皆様の状態を最善・完全に整える「宇宙の祝福」をお送りしています。

愛と感謝をこめて
仲裕美子、エジプトチーム一同

22886088_1629356743782523_773724579958547104_n

カテゴリー: 未分類 | 37件のコメント

「霊力の泉」イシス神殿での儀式とワークのご報告

こちらでは、2017年11月2日に行いました、宇宙開き:「霊力の泉」イシス神殿の儀式とイベントのご報告を申し上げます。

IMG_1246

イシス神殿は、エジプト文明を生み、錬金術を始めとする多くの神聖な学問を生んだ、世界で最も長い川「偉大なるナイル川」に浮かぶ神殿です。イシス神殿には、ナイル川を船に乗っていかなくてはなりませんので、他の神殿と比べるとそれほど観光客がいない静かな神殿でもありました。

IMG_1257エジプトの国土の約90%は砂漠です。エジプトの文明がナイル川によって生命を育み、世界一長いその川沿いに発展を遂げたのは自然なことでした。王達は、ナイル川の東に生命のありかを、西に死者の場所を作り、「川」という大きな一連の生命の流れのエネルギーとしての文明を育んだのです。

日本では山の上から始まり、ゆっくりと海に流れ込む川が多いです。私にはそれが、雨となって地上に生を受けた人間が、高地の山から地球の重力という運命に導かれて川を成し、大海という集合体に戻っていく姿に見えるのです。海からも、太陽の恩恵により、雨となり、雲となって、再び違う土地に生まれて来る、輪廻転生の人の運命を示しているかのように。

雨の少ない砂漠地を潤しながら流れていくナイル川は、ヴィクトリア湖と言う湖から始まる川です。それもまた、母親の胎内の安住の地から生まれ、様々経験を通して、人々と世界を潤し、創造しながら父なる神のいる場所へと戻っていく人間の人生そのものに思えます。生命と人生は、生と死の間にあるもの。死なくして生命はなく、生命なくして死もないのです。生きていることは、死にゆくこと、死につつあること。死に行くことは、生きていることなのです。西岸(死)と東岸(生)に常に直面しながら流れていくナイルは、死と生の両方に常に向かい合い、直面しながら、それを忘れることなく、確かに生き、誠実に人生を歩み進んでいくことの教えのように思えます。

その西岸と東岸の間にある中州に、イシス神殿があるのです。イシスは、生と死の間で人生に向かい合う人間に、「超越する霊力」として、私達に本質的に宿命付けられた力の覚醒を約束する女神です。癒しによる覚醒、運命の超越。

エジプトではイシスを、「魔力の女神」、「癒しの女神」、「美の女神」と言います。私達一人一人から独自な光のように顕われ溢れる「霊力」、自分が新しくなるときに古い場所に感じる試練や苦しみから今を超えようとする超越する力による「癒し」、完全な宇宙との一体化によって得られる「調和の美」。これらによって、私達は、偉大なる宇宙に自分自身を手放すように、自分自身を超えることができるのです。イシスの叡智は、私達にその変容と超越を手助けしてくれます。

今回の神事でイシス神殿から受け取った神託と「生命への祝福」を、「霊力の覚醒の叡智」としてイベントに心を合わせてくださる方に手渡しながら、「霊力の泉」を完成しました。

この「霊力の泉」は、これから半永久的に高次元で、あらゆる存在のアクセスに対して、その存在に独自の霊力を覚醒するきっかけとなる女神イシスと、その他のソースからの叡智を、アクセスする存在の波動に応じて、最適化しながら、下ろしていきます。

「霊力の泉」は、この名前で知ることが無くても全ての人に開かれています。この泉を見いだすことが出来ない人でも、この名前の波動で繋がろることができると思います。心の中で、「霊力の泉」を意図するか、一度繋がった人は、繋がった感覚でいつでも繋がることができます。(それを活用するのは自分で行う必要があります。今後有料でサポート企画しますが、現在ですと、「カリスマライトワーカーの叡智享受サポート」でもお手伝いしています。)

この叡智の泉はあくまで、最初のきっかけです。繋がっているうちに、皆さんの一人一人が自分のうちなる叡智の泉に気づき、宇宙にその叡智を現していくようになることを願っています。

このイベントの感想は、すぐには思いつかないかもしれません。一ヶ月間に渡り、感想をお受付しておりますので、どうぞ思いつきましたら何度でもお書き込みください。ご自身の体験をシェアされることで、他の方のプロセスを手助けすることも出来ます。感想をいただきますたびに、皆様の状態を最善・完全に整える「宇宙の祝福」をお送りしています。

愛と感謝をこめて
仲裕美子、エジプトチーム一同

IMG_1233

 

カテゴリー: 未分類 | 19件のコメント

「新しい太陽」ホルス神殿でのホルス神事儀式とイベントご報告

こちらでは、2017年11月1日に行いました、宇宙開き:「新しい太陽」ホルス神殿のホルス神事の儀式とイベントのご報告を申し上げます。

IMG_1033

ホルス神殿は、今回訪れた神殿で最も新しい神殿で、あまり破壊されていないために、その神聖さが未だ残っている貴重な神殿の一つでした。破壊や穢れが神殿に及ぼす影響の大きさに呆然としました。他の神殿も破壊されていなかったら、訪れる人々に畏敬を抱かせ、こうした神聖な空間をもたらしてくれていたのだろうと思います。それを邪魔するために破壊したという意図は、破壊された神殿に関しては実現していることをあらためて感じられました。マヤにしても、エジプトにしてもその他の文明でも、どうしてあそこまで執拗に神殿を破壊したのか。(神殿によっては破壊するのに100年とかかかっているそうです)それは間違いなく、それが素晴らしく、彼等が魂までも侵略したかった人々の心を動かしてしまうからだったのでしょう。


カルナック神殿、ルクソール神殿、その他の神殿でも、聖域にいる間中ずっと叡智や神託がおりて来ておりました。どれも、書物、チャネリングその他でこの地に来る前に知ることができたこととは全く違う印象を、エジプトに王と神官を中心として栄えた神聖な文明の理解に与えてくれました。それは、力を超えた愛の聖なる文明の側面でした。

ホルス神殿では、そうした叡智や神託以外に、特別に神聖な愛に満ちた祝福の光がずっとおりて来ていました。今回のチーム一同が言葉では言い尽くせない感動で胸が熱くなる中、何とか観光客のいない「至聖所(神殿の中で最も神聖な場所で、当時は王と大司祭だけが入ることを許されていた)」に入って、当日神殿を歩き進みながら行っていた儀式のまとめをおこないました。

生命を育む愛、生かす愛、常に超越し続けようとする魂を鼓舞する神聖な波動。

それは、神殿の壁面を覆い尽くす聖なる祈りのマントラに、それらが実現する封印解除の波動を待ち続けているように刻まれていました。そして、力強くも古代から輝き続ける太陽の風化の祝福をなおも受けながら、古人の生命と誓願の歴史を讃えながら、それら全てへの私達の感動と畏敬に満ちた尊い「新しい始まりを祝う祈禱」の波動に応えるように、「生命を育み、超越し続ける魂を鼓舞する覚醒の神聖な波動」は、ゆっくりと放たれていくように見えました。

聖なる命を、超越した永遠の命を享受する、魂を覚醒せんとばかりに。

それはその神殿だけから放たれているものでなく、新しい太陽の照らす地上全体から、宇宙に向けて放たれているようでした。

「新しい太陽」の儀式の準備は、今回エジプトに来て最初に行った「カルナック神殿」から、ずっと始まっていました。それはホルス神事というだけでなく、宇宙の成り立ちと動きと進化の方向性をチャネリングし、その流れに地上から始まる宇宙全体を整えるように、旋律を整える「天空のオーケストラ」によって、準備されていたのです。

地球の誕生を助け、そこから生命が生まれるのを助け、あらゆる有機体の発生と誕生を可能にして来た太陽が変わるとき、それら全てはことごとく変わります。私達も、何もかも、この太陽の下にある全てのものが変化し始めています。滅び方、風化の有り様さえ変わって行くのです。そうした物質を超越しながら、それらを成り立たせている私達の本質的な存在が、新しい太陽と呼応し、今は共同作業を始めています。

このイベントの感想は、すぐには思いつかないかもしれません。一ヶ月間に渡り、感想をお受付しておりますので、どうぞ思いつきましたら何度でもお書き込みください。ご自身の体験をシェアされることで、他の方のプロセスを手助けすることも出来ます。感想をいただきますたびに、皆様の状態を最善・完全に整える「宇宙の祝福」をお送りしています。

愛と感謝をこめて
仲裕美子、エジプトチーム一同

 

 

カテゴリー: 未分類

「最初の音の創造」「天空のオーケストラ」両イベント、ハトホル神事ご報告

本日10月31日(火)は、台風で遅れていた残りの日本からのメンバーである平野綾さん、大石直子さん、御崎絢さん、堂脇貴史さんもルクソールに到着し、時間通り、宇宙開き:「最初の音の創造」「天空のオーケストラ」エジプト、ハトホル神事のための、一連の儀式とワークを一緒に執り行うことができました。

現地では、観光客の方々が他に大勢おいでになる中、実施させていただきましたが、ガイドさんと現地の方々のご協力で、順調に神事を終えました。

また、天空からは美しい調和に満ちた旋律がおりて来て、私個人の経験では、私の中のこれまでの経験や知識が一新されるような、生命と世界に関する新しい認識を得ることができました。私一人の感覚では、皆様の経験の確認となるような表現が思い当たらないのですが、周囲に惑わされずに、どこに自分が働きかけていけば良いのかを、再確認する機会となりました。全体を直接動かすのではなく、一人一人が動いていくことを助ける流れこそが、皆が一緒になって創り出す世界を新しく、革新していくのだと改めて感じました。うちなる気づきが、全体への啓蒙となり、一人の真実が、宇宙の真実となるような。

皆様、一人一人の経験や、気づきは違っていているのだろうと思います。もしよろしければ、是非ご感想をコメントで残されてください。自分のことは、すぐに当然になってしまいますが、共有し合うことでそこに新しい発見があり、それがそこから続く始まりに繋がっていくことがあります。すぐに気づかないこともあると思いますので、気づいた時にでも、是非皆様の経験や感想を共有なされてください。ご感想を送っていただきました方に、錬金術で言う「宇宙の祝福」を送らせていただきます。お送りいただきましたときと、感想を拝見した時の二回送らせていただきます。

ご感想いただける場合には、是非この投稿のコメントでお願いいたします。コメントをいただきました皆様に、「宇宙の祝福」をお送りいたします。

継続してお申込み可能な関係有料ワークのご案内

🎁 「錬金術的創造主覚醒サポート」🎁

無料イベントにご参加いただいているいないに関わらず、「最初の音の創造」「天空のオーケストラ」イベントからの「錬金術的創造を促す波動」を受け取り、かつ周囲にもそう言う波動を出していきたいという方には、有料で、そうした「錬金術的創造を促す波動を放つ」ための調整を「神聖の錬金術、光の錬金術、生命の錬金術、水の錬金術、宇宙的錬金術、波動の錬金術、サイキックサージャリー、レムリアンサージャリー」と一緒に提供させていただこうと思います。

こちらを受ける方は、私が調整させていただいたようなまとめ方で、周囲の方々の状態を調和させる影響力を持つように波動の錬金術で調整させていただきますので、ご家族の分を別にお申込みになる必要はあまり無いかと思われます。

実際この有料ワークの提供を始めてみて、その人の持つ癒しの波動やエネルギーを強化しながら伝授させていただく方が、効果的だと判断したため、そうした調整も同時に行っております。

また、この波動を出す出さないがコントロールできる設定で伝授せず、「常に出す」ように伝授させていただきますので、有料での他者への提供はできませんが、どこでもいつでも常に、「創造的、つまりネガティブをポジティブに変えることを促すような波動」を出すようになります。人によっては今回の伝授で今後もずっと出せますが、出している状態に何かしらの抵抗がある場合には、ご自身の意思を尊重し、この波動が自然に出なくなりますのでご了承ください。どうぞよろしくお願いいたします。お一人様一回のお申込みでお受付させていただきます。

実施期間: 2017年11月1日(水)〜15日(水)

実施日: お申込み日の翌日に実施させていただきます。実施時間はどの日も、以下の時間帯(お住まいの現地時間をこちらでチャネリングして実施します)で行いますのでよろしくお願いいたします。

実施時間: 午前6時〜午後18時(時間中ずっと、最善の調整と祝福のための優しい光の柱がおりています)

🎁プレゼント価格🎁での特別提供: 5,500円

🌟 錬金術的創造主覚醒サポートへのお申込みはこちらから🌟 受付け中!

 

その他の継続提供関連ワーク

✨  無料イベント「宇宙に響け!あなただけの音」
対象: どなたでも
提供: リバース 御崎絢さん

✨ アメイジング・セルフ
対象: どなたでも
提供: リバース 御崎絢さん

✨ ハトホルシンフォニー
対象: どなたでも
提供: フリーダムディスティニー 平野綾さん

✨ 霊力覚醒「発光」
対象: どなたでも
提供: リーベルワーク 大石直子さん

✨ 魂の癒し「星と繋がる」
対象: どなたでも
提供: リーベルワーク 大石直子さん

✨ ナイル川:肉体活性「生命よ輝け!大いなる変容とともに」
対象: どなたでも
提供: リーベルワーク 大石直子さん

✨ ディバインヒューマン・グリッド
対象: どなたでも、リーダー的役割の人など
提供: スピラボ 堂脇貴史さん

カテゴリー: アセンション, アトランティス, チャネリング, ヒーリング, ライトワーク, レムリア, 無料一斉ヒーリング, 宇宙, 宇宙開き | 41件のコメント

カルナック神殿「神の楽器の覚醒」ご報告

おかげさまで、10月30日(日)は、宇宙開き:「神の楽器の覚醒」カルナック神殿のイベントの一部である「エジプトから始まる人類文明の潜在創造能力の封印解除」のための儀式とワークを、エジプトのルクソールのナイル川東岸にあるカルナック神殿で、先に到着していた仲裕美子がまずは一人で実施しました。

その後、10月31日(火)には、台風で遅れていた残りの日本からのメンバーである平野綾さん、大石直子さん、御崎絢さん、堂脇貴史さんもルクソールに到着し、同日カルナック神殿、ルクソール神殿で、「神の楽器の覚醒」その他のための儀式とワークを一緒に行うことができました。

カルナック神殿では、通常は入れない神域にも、入って儀式や神託を行うことができ、写真は禁じられていたので撮れませんでしたが、予想以上に実り豊かな儀式となりました。

ご参加の皆様にも、今回のイベントが刺激となり、より独自の本質的な創造性を覚醒させ、それぞれの領域での活動を、それぞれにとって意味深く充実したものにしていっていただければと願っております。

ご感想いただける場合には、是非この投稿のコメントでお願いいたします。コメントをいただきました皆様に、「宇宙の祝福」をお送りいたします。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

継続してお申込み可能な関係イベント、ワークのご案内

✨  無料イベント「宇宙に響け!あなただけの音」
対象: どなたでも
提供: リバース 御崎絢さん

✨ アメイジング・セルフ
対象: どなたでも
提供: リバース 御崎絢さん

✨ ハトホルシンフォニー
対象: どなたでも
提供: フリーダムディスティニー 平野綾さん

✨ 霊力覚醒「発光」
対象: どなたでも
提供: リーベルワーク 大石直子さん

✨ 魂の癒し「星と繋がる」
対象: どなたでも
提供: リーベルワーク 大石直子さん

✨ ナイル川:肉体活性「生命よ輝け!大いなる変容とともに」
対象: どなたでも
提供: リーベルワーク 大石直子さん

 

カテゴリー: アセンション, アトランティス, チャネリング, ヒーリング, ライトワーク, レムリア, 無料一斉ヒーリング, 宇宙, 宇宙開き | 12件のコメント

レムリアの創造神殿の活用ヒント

✨ レムリアの創造神殿構築伝授をお受けになられた皆様へ ✨

お申込みのブログなどでのご案内にも書いたことの重複ともなりますが、以下の点をご理解の上ご活用していただきたく申し上げます。

この度、急ぎ本日10月29日限定で、レムリアの創造神殿の伝授を行いました。現在、ライトワーク的にとても集中して忙しい時期を迎えており、こうした技術を駆使して少しでも皆様が目的をスムーズに達成されていくことを願っております。

(この創造神殿召喚の伝授は、とても大きな伝授を格安で行うためだけでなく、特別な準備をして神聖な儀式として伝授しないと出来ない内容のため、限られた日時での伝授となっておりますが、もし多く希望があったり、必要性があれば、今後また伝授を企画することも出来ますのでよろしくお願いいたします。)

創造神殿について

「創造神殿」では、宇宙存在達や次元を超えた存在(前世含む)とのニュートラルな情報交換や情報収集を実現する神殿を構築し、宇宙創造の儀式やライトワークを行えます。レムリアの神殿内では集まって来る存在達同士での交流はなく、会話もありません。神殿を取り囲む水晶の柱に、集う存在達が提供する情報が光や音となって共鳴し、参加者全員のそれぞれに有益な形に還元されて共有されるようになっています。

情報提供では、メタトロン系の科学者達、銀河神界の猿田彦大神率いる天狗達、レムリアから時空を超えて召喚される天空族の天人・天女達、レムリア龍、銀河連盟や宇宙連合からの存在達なども参加し、特に銀河系を中心に全宇宙的な情報を収集し、アイディアや創造対象をまとめる場を創り出します。

 

召喚について

神殿召喚の際に定義する神殿の目的によって集まる存在や光が異なります。

創造神殿召喚では、「ご自身が神殿召喚する目的=今回の神殿の目的」を心の中で決めて、地上や高次元での神殿を作る場所を決め、レムリアの創造神殿を作ることを意図するだけで、召喚から目的完了まで行えます。

イメージしたい方は、上記のやり方でご自身を中心とする光の領域が目の前に出来るのをイメージします。そして、その神殿に様々な存在が集い、情報提供し、必要な情報を受け取っていくのをイメージすると、わかりやすいかもしれません。

創造神殿は目的を終えると、集まるのが止んで、自然に消えます。

まずはご自身で召喚してご覧になると良いと思います。人によって感じ方、イメージできることなどが違いますので、同じになる必要はありませんが、結果として目的が達成できていれば大丈夫です。是非どんどんご利用ください。

活用について

有料伝授を受けた方は、こうした存在達が集う場を、ライトワーカーやその他の光の存在達、同士達を集めて活用するために、イベントや自身のワークなどでいつでも召喚することができるようになります。

クリスタル、インディゴ、レインボウなどの、スターシードと言われる方々は、こうした神殿での集いにより、自己の目的や探求を明確にし、癒しを得ることも出来ます。

儀式やイベントなどでは、そこで享受する叡智やエネルギー、知識のシェアリングにも有効です。

儀式やイベントなどで、様々な技術や叡智を持ち寄り、共同で何かを創造することができます。

特に公だってイベントや儀式をしなくても、ご自身のライトワークや日常の中で、様々存在からの意見や叡智を添えて欲しいとき、共有したいとき、何かを共同で創造していきたいときなどに、ご自身の判断とアイディアで自由に活用してください。

質問について

レムリアの創造神殿構築に関して質問がありましたら、こちらにコメントでお残しください。コメントのやり取りでお応えできるものにはこちらでお応えします。個人的な内容などの場合にはリーブス事務局へのお問い合わせをお勧めさせていただきます。リーブス事務局では、必要に応じて指導セッションを提供できる方をご紹介させていただきます。指導の相談に関するリーブス事務局へのメールは、info☆leavesinstitute.com、☆を@に変えたアドレスにお送りください。

 

 

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント