自然からの抱擁

 

img_9752

うちの庭+森

普段の暮らしで気づくことを、いつもFacebookに書いています。(個人アカウントでは食べ物とお花の話ばかり、笑。)お友だちが見てくださるのが嬉しくて、感動したこと、嬉しかったこと、ちょっとしょげたことなどを書いています。今日のは長くなりすぎたので、ブログに書いてみました。

朝、外に出ると朝靄が出ていました。陽光が町を白くする中、両側に大木が並ぶロンドンの道を、車で通りながら、優しさに包まれている気がしました。

先日、自然からの恵みにあらためて感謝を感じ、自然から包まれ愛されているのを感じてからだと思いますが、そこら中の木々から温かい抱擁のような愛や祝福をかなりはっきりと感じます。最近辛いこともあるし、前に進む転機にあって、乗り越える課題が山盛りの私には、そういう優しさがとても嬉しいのです。

🌟 先日の手記 🌟

21766571_1465105986942541_1384531954906915967_n今朝は雨が降っている。朝食をとりながら、テラスを見ると、昨日の剪定で収穫した月桂樹の枝が、朝の優しい光の中で雨に濡れていた。その横には、チャイブとコリアンダーの小さな鉢植えが並んでいる。まるで私への捧げものみたいに、大きな自然から切り取られてそこにある。

私一人が生きるために、たくさんの命をいただいている。

自然が私に与えてくれている愛と恵みの大きさに感動し、感謝しながら、もっと自分を大切にいきていこうと思った。

私のささやかな不安や悩みより、自然が、世界が、私に与えてくれているものの方が、はるかに大きい。そう思った。🌟

今日久しぶりにヨガに行きました。

特に去年の5月に「日本開き」のライトワークを始めてから、凄まじく忙しくて、生きてる=仕事してるって言う感じで、ノンストップで働いていたのですが、そんな中で私的境遇でもすごく負担になることが続き(要は私自身の問題との直面ですね)、身体を壊し、手術後などは一ヶ月も運動を禁止されたりして、身体が弱ってるだけでなく、なまっているだろうと思っていました。8月に南米に行ってから、肉体的に無理をしたのもあったと思いますが、体重が5キロも増えてしまって、美しくないと言うか、重いと言うかもあって、中級者以上のフローヨガに行ってついていけるか、ちょっと不安で、今日まで行けてなかったのです。

ヨガに行くと、以前よりより一層美しくなった先生がいました。歳を取ってこんなに美しくなっていくのって、素晴らしいなって思っていると、彼女が私に気づき、「久しぶりね〜、どうしてたの?」と声をかけてくれました。会場も違うし、まあ一年以上も来てなかったのに、覚えていてくれたんだなあと嬉しかったです。

彼女は、ヨガを始める前に、話したいことがあるとお話を始めました。それは最近彼女がパーソナルですごく参っていて、昨日までの二日間のお仕事をお休みにしていたこと。そして大体こんなことを言いました。

「ヨガは、ありのままの自分で、隠すこと無い自分と向かい合って、その自分でやることで初めてあなたのためになるものです。今日、この部屋で、この時間は、出来る限り、あなたの弱さをさらけ出してみてください。弱さをさらけ出して、それを十分に味わって、受け入れたとき、あなたの中に豊かさが生まれます。弱さを通して、この世界(コミュニティ)との交わりが深まり、世界との統合が起こります。」

実際今日の私は、はじめて、いくつかのポーズを休まなくてはなりませんでした。それに、腕や脚の力が弱っていて、主に脚一本、腕一本で身体を支えるようなポーズがうまくとれませんでした。今まで一年くらい休んでも、すいすいできたヨガが、こんなにできないのは、初めてでした。

でも、先生が予め、「弱さをさらけだして」と言ってくれていたので、私は自分の弱さを通して自分をいたわったり、罪悪感なく頑張りすぎずに休んだりができました。ポーズをとろうと思えば取れたのだけど、ちょっと負担がかかるんだって気づいたり、ポーズをとっても途中でやめたりして、自分の「弱さ」への労りを意識的にすることが出来ました。そして思いました。私普段、あまり弱音を吐かずに頑張りすぎる傾向があるなって。

木々達が、私に送ってくれる抱擁と愛を感じたとき、私は自分が弱っているのかもしれないと思いました。励ましが必要なくらい、私は弱っているのかもしれないと。でも、弱ってなくても、いつでも抱擁と愛を受け取っていいとも思えました。

ちょっとペースダウンすると、実はスピードアップしていくものです。エネルギー面でも時間的にも効率が良くなります。自分に優しく、時間をかけて、それって結構いいことです。無駄な時間はないものですし、時間をかけると、疲れて休憩しながらやる時よりも、過ごす時間を全て意識できるという利点もあります。

ヨガの先生が、途中で言った言葉が素敵だなと思いました。

「力を抜いて、大地からの抱擁を受け取りなさい」

この素敵な、自然からの愛と祝福を皆様とも共有したいので、近いうちにヒーリングイベントを企画してみたいと思っています。

カテゴリー: 未分類 | 4件のコメント

光の戦士プログラム

9fdc2ba7

「光の戦士」は「ライトワーカー」の中でも、様々な宇宙や次元を経験した魂で、それゆえそれらを超越した知識と叡智を持っています。そうした知識と叡智を携えて、宇宙の調和を創造するサポートを行うために、アセンションの流れを作っていく役割を担って現在の地球にも、人間として多く生まれています。

「光の戦士」募集概要

「光の戦士」プログラムでは、ライトワーカーさんやシャーマンさんの中で、現在の地上の危機的状態を緩和し、アセンションによる様々な問題を緩和するお仕事に喜びを感じる方を募集いたします。「光の戦士」として存在の目的を全う出来る方はそのまま「光の戦士」に覚醒するかもしれないし、「光の戦士」という役割がご自身が深いレベルで解放するために必要な人もいるかもしれません。「光の戦士」という超越的な働きによってしか受け入れられないご自身の別の誓願に覚醒する方もいるだろうと思うのです。どちらにしても、このプログラムに参加される方にとって有意義になるように、このプログラムは愛と調和を基本として開発・準備してあります。

プログラムの目的

このプログラムは、地球だけでなく、宇宙規模ですぐに必要となっているライトワークを提供できる方を育てることを目的としています。今回この「光の戦士」プログラムをご案内するに至った経緯として、アセンションが物理的により影響を及ぼすようになって来ているに辺り、魂レベルでアセンションのスピードに着いていけない場合の心身の問題や、社会問題が増えて来ているという状況があります。今までカリスマシャーマンさんに伝授させていただいてきた以上のワークが必要となっているのです。

修得できる能力やワーク

  • アセンションの流れを身につける: アセンションの全体的な計画や進行を感じることが出来るようになります。これは、必要な調整やヒーリングをチャネリングすることが出来るために必要です。
  • 次元のずれ、他次元の干渉がもとで起こる問題への対処: インスタントポータル、多次元や宇宙人などからのアクセスなどが原因となり、身近な次元にずれが起こり、それが原因でまるで霊障のように不可思議な様々な問題を生じることがあります。空間では波動の乱れ、風水的な気の流れの乱れ、人間レベルでは精神疾患や急性疾患などが生じる可能性があります。
  • 多次元への自在なコネクションとチャネリング: わかることより繋がる、必要なものを持って来るなどのチャネリングが可能になり、別次元の問題への対処が即座にできるようになります。(多次元意識開発+ライトウィズダムイニシエーション)
  • 別次元からの存在の干渉による問題への対処: これらの問題は、ケースやカテゴリーに分けられないほど多様で、様々な問題が考えられます。それらの問題を捉え、それに解決策を見いだして対処していくことができるようになります。(自他への問題についての説明ができるチャネリング能力の開発は行っていないため、それができるかどうかは、その方のチャネリング能力に依存します。ただし、通常説明しても先方が理解してくれることが無いし、自分でもわかってもわからないような内容が多いので、そうした説明のためのチャネリングができることが有効とは思えません。)
  • 次元調整管理能力: インスタントポータル、ブラックホールなどが出来ている場合、それが不適切だと感じる場合には、それらを閉じたり移動したりができるようになります。必要なポータルは、悪い感じがしませんし、よいエネルギーを得ることが出来るものですが、不適切なポータルなどは、自然に閉じたい気持ちになるので、そういうときには自然にそうするようになります。
  • 宇宙船召喚能力: 多次元が絡む複雑な問題で、時間やエネルギーが膨大に必要になりそうなとき、「光の戦士」は宇宙船を召喚して、対処していただく依頼ができます。宇宙船は通常目に見えませんが、なれて来ると感じる場合もあります。「光の戦士」として召喚できる宇宙船は、全て「宇宙連合」「銀河連盟」その他、調和あるアセンションを推進するグループから送られてきます。
  • 宇宙船、宇宙人撃退能力: 上記の「宇宙連合」「銀河連盟」その他、調和あるアセンションを推進するグループ以外から送られて来る宇宙船や宇宙人に関しては、悪意の有る無しに関わらず、不調和を感じたらすぐに、上記の推進グループからのサポートを得て、帰っていただく、連れ帰ってもらうなどの対処ができるようになります。意図的にそれをして帰らない場合には、通常個人的に意味が合って来ている場合もありますので、そういうときには瞑想して意味を理解しようと努めるといいと思います。
  • エネルギー解析・活用能力: 未知のエネルギーに触れたとき、そのエネルギーの働き、調和度合い(適切さ)などを感じ、必要なものかどうかを判断することができます。また必要な場合には活用できるものに変換することができます。この能力は、伝授時につけさせていただくサポートグループやガイドがその都度必要な叡智や知識を伝授してくれることにより可能になります。
  • 自他への自己覚醒への能力開発: アセンションには、一人一人の独自性や独自能力の覚醒が求められます。このプログラムを受ける方は、相手に必要な能力開発を、相手のハイヤーセルフや宇宙からチャネリングできるようになります。これは、人によっては希望しない場合、あまり行わないことが在りますので、ご自身の喜びのままに行ってください。
  • 顕在意識での理解は限られますから、リーディングには使えないかもしれませんが、錬金術、開発などに有効だと思われる、光の錬金術的な多側面融合型のチャネリングシステムも追加で開発しています。

他にも、たくさんの様々な能力がセットで伝授されますが、それらは人によって活用するかどうかが別れますので、ここで全ての能力に着いての説明を省かせていただきます。一人一人の望みのままに、のびのびと活用していただけるようになることを願って、開発・伝授させていただきます。

受講資格

「光の戦士」では、高度な能力開発と技術修養を行うため、以下の能力と技術を予め修得していることが必要となります。受講資格ご確認の上、お申込みください。

以下に申し上げる必要な基本技術を持ち、プロテクションがしっかりしたライトワーカーさんで、以下を受講しておいでの方にご提供させていただきます。活動内容が、さらに宇宙的になり顕在意識で捉えにくくはなっていきますので、自分の行うワークを自分にとって不安が無いレベルでチャネリングできるか、わからなくても満足して活動していけると思える方におすすめです。

①自己プロテクションとして「光の戦士」受講に予め必要な能力+技術:

サイキックプロテクション高次元版、
またはライトガーディアンイニシエーション

②能力・心身調整技術として「光の戦士」受講に予め必要な能力+技術:

サイキックサージャリー(どのバージョンでも大丈夫です)、
またはレムリアンサージャリー
またはレムリアンオーロラ
または光+水+生命の錬金術

※ 理想的には、自他の覚醒を促す覚醒促進、全身調整、エネルギーの流れの最適化、ヒーリングに最も適切な技術として、マニフェステーションヒーリング(どのバージョンでも大丈夫です)で、もできればなお素晴らしいです。

 

このプログラムにご興味のある方は、以下の詳細を是非ご覧くださいませ。

光の戦士プログラム

カテゴリー: 未分類 | 5件のコメント

ライトガーディアンイニシエーション再開

ライトガーディアン・イニシエーションの伝授をさせていただき、今後のライトワーカーとして自在に活躍していただくために、とても必要なイニシエーションだということがわかり、受付けを再開しました!

ライトガーディアンイニシエーションは、これからの地球のアセンションに関する、プラネタリーライトワークを行う方に、より強い守護とガイダンスを提供するために企画したものです。神々や天使の守護を受け、パワフルにライトワークをこなしていくためのこのイニシエーションで、邪魔されること無くスムーズに活動できるようになります。

この光にイニシエイトされると、ライトワークのガーディアンとして、プラネタリーライトワーク(地球のアセンションに関わるライトワーク)を行う上での、非常に強いプロテクションを得られます。

プラネタリーライトワークをするたびに、✨白金銀に光るライトワーカーイニシエーションの光がおりてきて、あらゆるレベルで清浄となり、一人一人に独自な方向性と誓願に関して、クリアなフォーカスをもってワークに向かうことが出来ます。

✨ライトワークの定義に関係なく、ご自身が自由に考えるそれぞれのワークやご自身が喜びを見いだす活動に、お使いください。✨

✨それぞれの誓願による活動や行い(心から真実に望むこと)をすることが、全ての地上でのプラネタリーライトワークの強化に繋がります。✨

これには、お受けになる方の個人的なヒーリング、カルマ解除や封印解除が含まれるため、イニシエーションが有料(2万円)となります。ご希望の方は以下からお申込みください。パワーアップも含まれますので、現在の体調に関係なくお申込みいただけます。

お申込み受付期間: 2017年9月22日(金)〜11月7日(火)
再開しました✨

お申込み翌日の午後10時〜午前6時の間に、約1−8時間に及ぶイニシエーションを行います。イニシエーション中に必要なだけのヒーリング、カルマ解除や封印解除をエネルギーヒーリングやスピリチュアルヒーリング(シャーマンワーク含む)、錬金術を使って行います。イニシエーション中は、眠っていただいて大丈夫です。好転反応などがないように実施します。イニシエーションの前の準備ワークはありません。

ライトガーディアン・イニシエーションお申込み

※ 年齢制限や必要な資格はありませんが、ご本人によるお申し込みのみとなります。

 

カテゴリー: 未分類 | 10件のコメント

宇宙開き

IMG_8995

この写真は、エクアドルのオーパーツ収集家のところにある、「石の世界地図」といわれるオーパーツです。左側の大きいのが有名な「石の世界地図」で、その右にあるこれらの石を重ねると、アセンションの計画と、アセンションで起こるべきことについての情報が現れます。これらの意味を今回説明するためにもそこに呼ばれましたが、その情報は今回の宇宙開きの参考にもなりました。

この宇宙と、虚の宇宙、外宇宙その他の宇宙が全て重なりひとつとなるのもアセンションのプロセスなのですが、それがこの地球から始まるのです。

基本的に、宇宙開きは、地球からはじまる宇宙全体のアセンションがスムーズに進行するように、能力者が集まって次々と対処・達成していく一連のライトワークです。日本から世界へ、世界から宇宙へ、皆様の祈りとともに日本のライトワーカーや、創造的な波動が広がっていくように、関係ライトワーカー一同、心を込めてお仕事に励んでおります。こうしてご案内を書かせていただきますのは、皆様のお心と愛あるそれぞれの意図の祈りを添えていただきたいからです。

祈りの力の素晴らしさを、私は1991年の湾岸戦争を通してアメリカで経験しました。当時私は、アメリカに留学していました。在学中に湾岸戦争が勃発し、治安が悪化するとともに、当時留学していた学生が危険な目に遭う可能性も出てきました。そんな中、クラスの日本人女性が「千羽鶴を祈りを込めて折ろう!」と言い始めました。日本人が外人に教える形で、本当に多くの学生や先生が参加してくれ、授業の合間などに折り続けました。湾岸戦争が終わったのは、それがまさに千羽に達した瞬間でした。ちょっと感動してしまいました。偶然かも知れませんが、確かに祈りが通じた、そう思えました。

一人一人が現実を新しく創造する力を秘めています。

全ての人と世界と宇宙にとって、最も最善で愛と調和ある状態を創造し続け、それを創造する力を強くし、豊かになっていくために、ライトワークはあるのだと思っています。どうぞ、そこに皆様の愛と祈りを注いでください。一緒に織りなしていきましょう。

宇宙開き開始の背景を先に書いておりましたが、この宇宙開きのお仕事が、本当に雲を掴むようなというか、説明するのが難しい内容ばかりで、どのように案内を書こうかと思っている間にも、ワークはどんどん進行していっています。

現在それぞれにメッセージが来て呼ばれて集まったライトワーカー有志のグループで、24時間連絡を取り合い、報告し合いながら、協力し合って、よりスムーズなプロセスと流れを目指してお手伝いしています。

宇宙開きライトワーカー(50音順:追加変更のたび更新します)

リーベルワークス 大石直子さん

貴輝の部屋 川上くるみさん

桑原努さん

ライトワークカレッジ光のSPIRAL 小林優子さん

フォリーナ 竹下久惠さん

スピラボ 堂脇貴史さん

ドラゴンフィロソフィー 仲 上さん

エール 横田珠樹さん

フリーダムディスティニー 平野綾さん

リバース 御崎絢さん

ルミナス 三代川真樹さん

ウィング オブ エンジェル 吉田佳名子さん

アルケミーソレイユ 瑞木ひよりさん

統括: リーブスインスティチュート 仲裕美子

こうして、行うワークは、かなり広大で、チンプンカンプンといえるものが多くもあります。今後皆様と共有させていただくことで、皆様の参考や覚醒のお手伝いになりそうな内容はご報告させていただこうと思います。

関連イベントのご紹介

コンスタントに次々と世界中から宇宙規模のワークを実施しています。ご案内しているもののを以下にご紹介します。

日本覚醒: 北海道ライトワーク
(無料・有料の様々なワークもご案内がありますので、ご覧ください。)

無料一斉「魂の光増幅イベント」

「調和の灯火」インドからの儀式

関連ワークのご案内

また、宇宙開きに関して以下の遠隔ワークおよびイベントを以下にご案内いたします。詳細は、リンク先をご覧になり、提供ワーカーさんに直接お問い合わせくださいませ。

✨ 精霊の叡智・交渉技術伝授「精霊遣いシャーマン」
対象: カリスマシャーマン(その他のシャーマンさんはお問合せください)
提供: 小林優子さん

✨ その他準備でき次第追ってご案内申し上げます。

カテゴリー: 未分類 | 4件のコメント

ライトワーカーとは?

img_5938ヒーラー、シャーマン、スピリチュアルガイドなど、様々な役割と能力をもったライトワーカーがいます。ときには、陰陽師、錬金術師、建築家、芸術家、作家、音楽家、霊的指導者など、様々な社会的役割を通して、この世界の進化や調和を助ける方々にも、ライトワーカーはいます。リーブスでは、主にお金を得る経済活動を目的としない、自分の霊的誓願に突き動かされて宇宙をも動かしながら行うお仕事、多くの場合に無料の働きによるお仕事を「ライトワーク」と呼んでいます。

ライトワークというもの自体、高次元やエネルギーや波動など、目に見えないものや現象に対するワークであることが多いのです。心を澄ませて、健全な懐疑心とともに、シンクロニシティのように時々示される心にしみる証拠や証明を頼りに、ワーカー同士で助け合って、それでも一人一人に独自の道を歩んでいくものです。「それをしたくて、それを求めてやまないお仕事」をしようとすると、さっと道が拓けて、それができるようになる、その連続の中で、ライトワーカーは生かされているとも言えます。

これからアセンションしていく世界では、一人一人に全く独自な目的と使命とアイデンティティを、全ての人が全うするうえで、今ライトワーカーが向かい合っているように、未知に向かい合っていくということが起こります。

今までなかったこと、新しい故に理解を得られないこと、証明や証拠の無いこと、「でも胸を熱くして、それを求めるもの」に向かって、私達一人一人が自分の真実に誠実になることが、アセンションする世界を生きる生き方となっていくのです。

ライトワーカーの皆さんは、ご自身もそうした不安の中で、時々確信をいただきながら進み、大切なお仕事と使命と目的を果たして行かれる地上の全ての方々をお手伝いしていくことを望んでいる人達です。

 

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

「何も持たず、与え行け」

昔近くに住んでいて、私のご先祖もその辺にいたことがある、福井県の旧名田庄村にある土御門神道本庁に呼ばれて参りました。昔は、名田庄村と言えば、クワガタをとりに行く場所としてしか認識していませんでしたし、陰陽師という役割に自分が関係していることなど全く思いも寄りませんでした。1999年頃に、私がプロのシャーマンを指導しようと思い始めるきっかけとなったのは、ご先祖様とのやり取りでした。その時に、ご先祖様が使っていた陰陽師の「結界」を知ったのが思えば最初だったと思います。その後も2011年に陰陽師の指導を始めるまでは、陰陽師という言葉で自分のしていることを認識することも在りませんでした。

安倍晴明のやり方は、私のやり方と全然違っています。私も天文道などを使うのですが、天然系な私のやり方は、もっとシンプルで、「舞」に近く、身体の感覚を主に使ったボディワークに似ています。できることは色々あり、効果もすぐに出ます。また、動きはハードで柔軟さが要求されますが、それはレムリアンサージャリーなどで調整できてしまいますので、私の気分的姿勢は気楽なものです。もともと行っていた陰陽師のトレーニングは、心身の高度な完成が要求されるものでした。また、最初の方は、伝授のプロセスも生徒には命がけなくらい大変なものや、指導もすごく時間がかかるものでしたが、今は伝授に錬金術的な技を駆使して、比較的受けやすくなり、皆さんに陰陽師の技を楽しんでもらえるようになりました。

そんな私が、安倍晴明のご縁の土御門神道本庁に呼ばれるというのもおかしな感じでしたが、今回は「宇宙開き」のワークの一部として呼ばれて参上しました。

参りました2017年8月28日の午後、安倍晴明のお墓には、お母様がおいでになられました。安倍晴明のお母様といえば、葛の葉狐(くずのはぎつね)という狐だと言われています。私は九尾の狐とは陰陽師を通してご縁があります。陰陽師の伝授を開発している時に、式神ではない九尾の狐がきて手伝ってくれたことがありました。九尾の狐と葛の葉様が同じというわけではありませんが、どういうご縁でそこでお母様がお待ちくださったのか、本当のところはまだわかりません。ただ、参りました時に、とてもよいお言葉をいただきました。

一緒に参りました陰陽師やライトワーカーの皆様は、お母様の葛の葉狐様からそれぞれギフトをいただいておいででしたが、私がご挨拶に上がると、「お前に渡すものは特にない」という感じがした上で、次のような言葉を言われた気がしました。

「何も持たず、与え行け。」

これはとても深いお言葉でした。

何も持っていないのに、与える。

それは、私にとってとても素晴らしい「ありよう」に思えました。私の持っているものを与えるのではなく、相手が得るべきものを得られるように、お手伝いさせていただく。私が持っている必要は無い。自分の力や経験や知識に振り回されず、ただ、愛を持っていけ。そう言うことかなと思いました。

何も持たずに行く。

これは、ずっと私の理想です。実際の人間の私は、いつか使うかもしれないと色んなものをとっておき、荷物が増えてしまい、処分しても処分しても、また溜ってしまう情けないところのある人間ですが、この秋は、そんな自分を愛おしみながらも、もうちょっと整理をしてみたいと思います。感謝です。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

宇宙開き開始の背景

聞いてください!

まだ世界開きも終わっていないのに、宇宙開きが始まってしまいました。

8月19日に伊勢に、2月にイギリス帰国してからのギリシャとスペインとタヒチと南米などのお仕事を一通り無事終え、9月にイギリスに帰ることを申し上げるご報告に伺いましたところ、思わぬギフト(能力、権限、その他光栄なライトワークに活用すべきもの)をいただきました。そして、一瞬耳が聞こえないと言うか、メッセージ聞こえてませんって言いたくなることも、伺いました。それについて、すぐにチャネリングで調べて、準備を開始するべきだったのですが、もうすっかり疲れ切っていましたので、そのままにしていたのです。それが宇宙開きのことと、その中での私の役割のことだったのです。

8月の福井での対面講習が終わる日の朝から、どんどんメッセージなどがおりて来て、その日帰って荷造りをしてそのまま英国に帰国する予定だった私は、講習直後の足でそのまま車を借りて、そこから光り輝くようなパワフルなライトワーカーさん達(リバースの御崎絢さん、リーベルワークの大石直子さん、スピラボの堂脇貴史さん、スパイラル ヴォルテックスカレッジの平野綾さん、桑原努さん)とともに、総勢6名で突然琵琶湖の竹生島に行くことになりました。

 

そして琵琶湖から、そのまま福井県の旧名田庄村にある安倍晴明の天社土御門神道(てんしゃつちみかどしんとう)の本庁に伺って、4名の陰陽師の方々と儀式をすることになりました。安倍晴明のお母様が、安倍晴明のお墓をお参りした皆様にギフトをくださいました。私はギフトはなくて、逆に、「何も持たず、与え行け」というようなことを言われましたが、それはそれでよいお言葉をいただきました。

 

そこで、またしても突然、帰国してからずっと仕事で、9月1日早朝帰国直前でスーツケースも全くしていないというのに、スーツケースの空港発送期限の8月30日に早朝に京都に呼ばれ、29日半日でスーツケース4つの荷物を詰め込んで発送手配をすませて向かった訳です。(愚痴ってすみません。)

29日の夜までに京都に入り、30日朝8時には、京都御所に向かえるように準備しました。かつての江戸である関東からは、日光東照宮より、リバースの御崎絢さんと、陰陽師師範の仁木翔斗さんが、天海からのメッセージを受け、龍脈から大きな玉を送る準備をしており、それをリーベルワークの大石直子さんと一緒に受け取って、また京都御所に納めることになっていたのです。

wp-image--21119412

この間納めたのに、おかしいなと思っていたら、この後、御所の違う場所の大地から大きなを大地から天に解放する必要を感じたので、ドラゴンフィロソフィーの仲 上さんとリーベルワークの大石直子さんと一緒にそれを出したところ、それを納めにそのまま京都の北に行かなくてはならなくなり、それは鞍馬でした。

 

鞍馬では、ドラゴンフィロソフィーの仲 上さんとリーベルワークの大石直子さんと一緒に、その玉を納めました。するとそのまま、新しい玉をいただき、それを仲裕美子が解き放ったところで、宇宙開きが始まったのでした。

 

こうして、流れのままに、宇宙開きが始まったのでした。そこからはもう怒濤のように、整っていき、エジプト、トルコ、イスラエル、エクアドル、その他の土地とそこに行くワーカーさん達を含めた計画が整って参りました。全ての予定通りと言わんばかりに、何もかもがシンクロニシティの中ですでに整っていたので、こちらも納得するしか無い、そんな始まりです。

宇宙開きについては、追ってブログで全貌を書いて参ります。シャーマン、陰陽師、錬金術師、ティーチャー、ガイド、ヒーラー、その他のライトワーカーの皆様だけでなく、どうぞ皆様、お力を貸してください。一緒に参りましょう。

カテゴリー: 未分類 | 4件のコメント