知る、真実の知識を得る方法

16569180_201406231831430497

自分で知っていることというのは、自分で知っていることがわからないものなのです。
私だって、ティーチャーやガイドとしてもう20年ほどティーチングして来て初めて知ったことばかりなんです。私の伝えて来たこともそうですが、私達に必要な知識は、本で読んだりして得る知識ではなく、自分の知っていたことを知ると言うプロセスでしかありません。

私がティーチング(教え)やガイダンス(導き)をさせていただいた方々でさえ、私が言ったことをそのまま真実として受け止めることでなく、それを刺激とし、同時にお手伝いすることもあるその人自身の癒しのプロセスを通して得られること(真実)でしか、知ることが出来ていないはずです。

私はティーチングによって、自らの知識と、存在の癒しを得ます。その相手によって知識は引き出され、私は私を知るのです。

「知る・真実の知識を得る」というのは、まさに人生そのものとも言えるかもしれません。真実の意味で「知る」というのは、知識が増えることではありません。「本当の知識」、真実に「知る」というのは、この世界の創造に参加することに他ならないのです。

自分が知った、それだけで、宇宙に対して私達はひとつの選択をし、ありかたを求めるようになります。そうして宇宙の創造が始まります。

錬金術とは、「宇宙の真理」を究める学問として僧侶達により始められました。でも求道ではないのです。錬金術では、道は自分で創らなくてはなりません。誰にも従うことはできないのです。

自分を知るといっても、知りたいと思っているこの自分が、その自分について知ることは出来ないことを、受け入れた上で、自分を生きること。そして、そこに言葉や概念で表すことの出来ない、情熱や愛や生命の喜びを常に感じること自体が、自分を知っているということになるのだと、私は思っています。

それには長い旅は要りません。愛あるきっかけと刺激があれば、まずそこにたどり着き、そこから本来の生命と人生を生きるそれが可能だと思っています。私はそんなきっかけとなれるように、錬金術師の覚醒やシャーマンの覚醒をお手伝いし、高次元意識開発を教えています。

一人でも多くの人に自由と、宇宙の創造への喜びに溢れた参加を促すことが、私の目的です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

知る、真実の知識を得る方法 への3件のフィードバック

  1. eternal0love より:

    ⭐︎✨☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆✨⭐︎

  2. a.chan より:

    自分を知ると言っても、自分を知ることが出来ないことを受け入れた上で、自分を生きること。情熱や愛や生命の喜びを常に感じること自体が、自分を知っているということになる…
    という言葉に感銘を受け、救われました。今まで思い違いをしていたことに気付きました。
    ありがとうございました。

  3. riell より:

    このようにブログで仲さんから学びを得られることに、本当に心より感謝します!本当にうれしいです!感激です!魂がゆさぶられる思いがするのです。わたしはきっと「知りたい」のだと思うのです。わたしの今言う「知りたい」が「知ること」なのかはちょっとわかりませんが、「知りたい」のです。「知ること」こそが本当は心から求めていることなのだということだけはわかっていながら言ってはいけないことのように感じていました。なので、このように学べるチャンスをいただけることは、本当に心より感動的で、しあわせなことなのだと思うのです。いつもありがとうございます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中