レムリア柱巫女伝授

8589130595534-lemurian-angel-temple-wallpaper-hd

レムリアの光の柱は、2005年12月23日にレムリアが地上に近いレベルで再来することを促す「初回レムリア瞑想」(mixiでのみ案内したもの)で、初めて活用したレムリアの神官による癒しと覚醒の技のひとつです。

現在の地上では、癒しと覚醒の技としても活用される、レムリアの柱は、古代レムリアでは多次元の情報を調和して温存し新しい知識や叡智を作るために活用された、レムリアの科学の重要な技術のひとつでした。この柱は、そうした情報を通して、その柱に重なる存在の叡智を覚醒し、その存在の宿命を癒しながら実現させる力を持っています。

現在の地上そして、地球を含む宇宙は、「時空や概念を超えた5次元」という今の世界から見ると「混沌にも見えるけれども、愛と調和に満ちた新しい世界」への、進化を遂げて行く時期を迎えています。そうしたアセンションの大きなシフトにあり、一人一人、ひとつひとつの宿命を成就しながら、個人的な喜びと豊かさが、宇宙的な喜びと豊かさとなりながら、世界は新しくなって行くのです。

このレムリアの光の柱は、こうしたプロセスを促進し、またその恩恵を最大限に享受するために企画したイベントです。10月1日に宮島の弥山巨石群に行き、このイベントを開催することにさせていただきました。

レムリアの巫女にはそれ以外の役割ももちろんありましたが、この「レムリアの光の柱を下ろすことができる能力の伝授を受けた人」を、このイベントでは「レムリア柱巫女」と呼ばせていただき、この神聖なるワークにご参加いただきたいと思っております。

9293320252_f2aba376b3レムリア柱巫女伝授は無料

「天女」または「天子」として覚醒した人に、レムリアの神殿から、レムリアの柱を下せるようになる伝授を行います。

この伝授は、無料ですが、準備のできた方にしか伝授できないため、現地で同時に行われる、リーベルワークの大石直子氏のイベント「市杵島姫命の覚醒ワーク(天女覚醒)」と連携し、これを受けてすでに光をもたらすまばゆい存在として覚醒された方々に、この伝授をさせていただくことになりました。

20151215191645f64宮島の弥山巨石群にて遠隔で行わせていただくため、伝授の時間は以下の時間のみとなります。また、伝授は仲裕美子が行います。

2016年10月1日(土)
午前11:00−11:30(日本時間)

伝授の瞬間の説明

伝授時間には、お受けになる方は、いったん光の柱に包まれた状態になります。伝授が終わると光の柱の感覚が弱くなります。

見えない、感じない人へ

人によって感じるのが苦手な方は、全く何も感じないと思います。感じなくても伝授はできますが、以下の柱を下ろすイメージも出来ない場合には、自分でしている感覚が全くないことがあります。これについては、チャネリングや自己受容の癒しなどのワークを通したトレーニングやヒーリングによって変えて行くことは可能ですが、このイベントでは、そうしたワークは提供しておりませんのでご了承ください。希望者には、ライトウィズダムイニシエーションという常時セルフヒーリングを使った、チャネリングコネクテッドなどで、その人に独自のチャネリング手法や受け取り方をマスターすることをお勧めします。

レムリアの光の柱を下ろす

上記の感覚とともに伝授を受け取った後は、意図した場所に光の柱を下ろせるようになります。伝授を受けた人は、イメージするだけで光の柱を下ろすことが出来ます。意図した場所に光の柱が天空からおりて来て、その場を光で満たして行くイメージをすることによって、柱を下ろします。

イメージがしにくい場合には、片手を上げて、「レムリアの神殿につなげる」と心の中で意図し、手の先が光の源に繋がったイメージをしながら、対象となる人や場所に光の柱を下ろします。

光の柱は、対象によって自然に大きさが変わります。その対象の大きさよりも小さい光の柱であっても、そこに高い波動をもたらす効果は変わりません。

レムリアの光の柱の効果と目的

レムリアの光の柱を下ろすことによって、その対象を癒し、愛に満たして祝福し、その対象の波動をあげることができます。

その対象の状態や状況によっては、すぐに波動が上がらない場合がありますが、繰り返し行うことで変化しやすくすることが出来るようになると思います。

伝授を受けた人は、光の柱を人や場所やものに、直接目の前でも遠隔でも下ろすことができるようになります。

光の柱の効果は、場合によって変わりますが、その人や場所の波動をあげるだけでなく、その人や場所に潜在する能力や宿命を覚醒させる働きがあると思われます。それにより波動があがるのです。

この伝授により、地上に光の柱を立て、地上の波動をあげる必要のある今の時期である今に、「レムリア柱巫女(光の柱を地上に立てるライトワーカー)」として任命されます。

光の柱は、人によって、一週間の間は随意下ろすことが出来るようになる見込みです。その後も、レムリアの光の柱は下ろせなくなっても、天女あるいは天子としての周囲の方々の覚醒の働きを果たす上で、このワークの経験が役に立つと思います。

このお仕事は、その方の喜びと個人的な人生の目的に合致しているだけのワークとなりますので、負担になったり邪魔になったりはしません。ただ、不必要には下ろせないので、気楽に活用してください。

レムリア柱巫女伝授のお申込み

このワークへのお申込みは、「市杵島姫命の覚醒ワーク」へのお申し込みをされた方全員が対象となります。「市杵島姫命の覚醒ワーク」に申し込まれて、このワークを希望なさらない場合には、その旨リ—ベルワークのお申込みフォームに明記いただけるようになっております。どうぞよろしくお願いいたします。

10月1日(土)の仲裕美子をレムリア神官として行う伝授は、レムリア巫女を担当する大石直子氏から渡される参加者の情報をもとに実施するため、リーブス仲裕美子ではお受付を行いません。お申込みは、全てリーベルワークの大石直子氏までお願いいたします。

ご縁ありましたら、是非、「レムリア柱巫女」としてご活躍くださいませ。リーブスでも、今後も必要に応じて、「レムリア柱巫女」の伝授を実施したいと思っております。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

レムリア柱巫女伝授 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 広島個人セッション募集広島駅近辺 | リーブスブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中