ヒーラーへの道「コーリング」

1897865_687042824680447_870599682_n
私は、様々な手法の児童心理療法、大人向け心理療法を、イギリスの二つの大学の大学院で学びました。それらを学校、病院、福祉団体などの組織を始め、さまざまな状況やプロジェクトで実施して来た経験を積んだ後、大学その他の団体を始め、様々な状況で働くセラピスト達に、臨床指導してきました。

その前の日本にいる頃から私は、もう20年くらい前からプロとしてヒーリングに関わっています。もともと、仕事でも出版業界やIT業界で製品企画やビジネス企画をしておりましたので、企画の力を買われたのでしょう。1995年からスピリチュアルの勉強会の企画や推進を頼まれるようになり、そのままヒーラーや精神的指導者の指導やサポート、スピリチュアルガイダンスを始めとするアドバイスを始めていました。特に意図した訳でなく、どちらかというと流されるように発展してきました。こういうのを運命とか宿命とか言うのでしょうね。不思議な始まりでした。

1991年から、コーリング(calling)というようなことが起こり始めました。

1.さらなる能力開花とより意識的なシャーマンとしての覚醒(1991)
アメリカの大学で学び、同時にアメリカの会社に務めるようになった頃です。最初は面白いかなと思ったものの、最終的に行きたく無かったアメリカに、会社から単身送られました。英語は大学院に入れるくらいにはできましたが、文化的にも不勉強で、洗練された自己表現ができなかったので、かえってありのまま、飾らない自分で暮らす機会を得られました。

私の回りでは、奇跡的なことが次々起こりました。私は大勢の友人を得、そういうつもりではなかったのに、ちょっと作成したものを通して、アーティスト(画家、詩人)として認められ始めました。仕事を休んで絵を描いてこいと、社長に言われるほど、社長まで私の才能を認めてくれていて、本当に不思議でした。でも私は自分の描く絵や詩にまったく執着がなく、ことごとく人にあげていました。(なので残ってません、笑)

ミシシッピ側の源泉がある、インディアンの聖地であったせいか、スピリット達との交流も多くなり、霊を導くことも多くなりました。映画で見るような、日本とは違って派手なポルターガイストなどの心霊現象も経験することができました。

こうして私を開いてくれたアメリカの彼の地は、私の魂の故郷となりました。私はますます、現実化の力とシャーマンの叡智を強化したのです。

2.思い通りに行かないことが出来た(1993年)
特に大学に入って、一人暮らしで自分の生活を作れるようになってからの私は、私は何でも思い通りに生きて来られた幸運な人でした。それ故に自分が恐くなったり、退屈したり、絶望したり、悩んだりもしました。そんな中で突然、自分にとって悲劇的な事件がありました。衝撃的でした。「どうして宇宙はこの試練を私に与えるのだろう」と思いました。

何でも思い通りになる人の特徴として、「スピリットの方向性」と「魂」と「心」が一つであり、人間として求めることが、霊的に求めるものと一致していると言うことがあります。「マニフェステーションヒーリング®」も、心身の癒しだけでなく、こうした状態を実現するために開発されたものです。

なので、思い通りにならなくなったとき、私は、自分の宿命が新しく開かれて来ているのを感じたのです。

3.身体の不調(1995年)
会社の仕事が忙しく、責任も大きくなり、いつまでもこんなこと続けていたく無いと思うようになりました。でも、私は「時」を待たなくてはなりませんでした。結婚しても仕事をやめられる訳ではなく、消耗しました。そんなある日、ダイニングルームの庭へのドアの前に、猿のような犬のような影が見えました。何だろうと思いました。そこから体調を崩しました。会社の知人から、ヒーラーを紹介され、相談することになりました。すると、「犬神」だと言われました。とても強いので彼の力では取れないと言われましたので、一緒にワークすることになりました。そこから私の能力がさらに開いて行くことになりました。

翌年に妊娠すると、私の身体に宿ったもう一つの魂が、私が引きつけないものを引きつけるようになり、今まで私のところには来なかったような霊的な存在が次々訪れました。その度体調が悪くなるので、ワークをせざるを得ません。そうして私のシャーマンとしての能力も磨かれて行ったようでした。私のヒーリングの能力を待っている存在が私の右手に来るようになり、それを使わなくてはならない状況に置かれました。するともちろん、それも磨かれて行くのです。

子供が一歳になったら、呼ばれるだろうと言われており、その通りになりました。保育園も、市役所に行くと目の前で席が空き入れたり、ボランティアの人が顕われて、私がスピリチュアルガイダンスなどを出来るように時間を作ってくれたり、有名な人達と繋がったりして、色んなことがありました。

<<続く>>

ヒーリングを学ぶことは、私達の独自能力と、宇宙に一つきりの存在理由、目的の全てに私達を覚醒します。

ヒーラーとして活動したい人におすすめの講習:

ヒーリングハンド「癒しの手」講習

ヒーラー向けチャネリング講習

どちらも、2016年3月の今回の対面講習のために特別に企画したもので、今後開催の予定はありません。この機会に是非ご検討ください。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中