人生という川

52717048_2246745795376801_2453363844362272768_n

最近友人と散歩した英国ケント州メイドストーンの川。

ドラゴンコネクションで、白龍の話をするときに、人生が川であるという話をします。アメリカにいた頃の友人で、ビート詩人の生き残りだったジョン・ウィルも、以下の俳句を残して逝きました。

River drifts
Between the earth and the sky
川は彷徨う
大地と空の間を

この歳になって、まだ落ち着いていないなあ、って今日も思うのですが、それも悪くないのかもしれないなと思います。

これからまだまだ、人生という清流は、大地の凸凹に沿って、思っても見ない方向に流れを作りながらも、確実に海に向かって流れ込んで行くんです。途中、大地を潤し、途中の大地の要素を受け継ぎ、それを途中の大地に届けながら、海に向かって流れ込む。

終わりになるまで、何があるかわかりません。

私のようにある程度、先のことがわかるというのは、荷物が増えるということでもあるかなとも思います。つい先の準備をしてしまう。そうやって川も太くなっていくのかもしれません。

まだ通っていない大地の形を、白龍と一緒に見据えながら、そここで必要になるものをとっておいたり、用意しておいたり。

と言っても、明確に何が起こるかわかっていることは少ないんです。だからむしろ、運命に従っているというよりは、私という生命のエネルギーの流れが運命だとして、それをどういう風に生きるかは、常に新しく選んで行っているんです。

そういう感じなので、この先の準備と言っても、どういう選択をしてもいいような準備をします。自分でも、どうしてそういう準備をしているかも、通常わかりません。

だから、後になって、
「ああ、このために、これやってたのか。」
「ああ、このために、これ持ってたのか。」
って、ちょっと懐かしい気分でどこかにたどり着いたりします。懐かしい気分っていうのが、大きな一つに回帰して行っているというような、安心感を生むというのもありますね。

実際はその大きな一つを、この宇宙と、みなさんと一緒に常に創造していっているわけなので、「懐かしい」という感覚自体が、自分に回帰しているからだと思うのですが。

こういう理由をつけて、うちの中にも、頭の中にも、色々とっておく物持ちのいい私も、まあ、いいかな。そのために大きな倉庫を持っておくのも、私が魂でずっとしてきていることでもあります。

それが私なら、身軽じゃなくてもいいのじゃないのかなって、今日は思います。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中