独立とスーパービジョン

自分に自信がなくて、自分の思うことや行うことを、誰かにも確認して欲しいとき、プロとして適切なワークが出来ているかを確認しながら進む、最初のフェーズでは、スーパービジョンが役に立ちます。

スーパービジョンを通して、施術者はプロとして自信を持ち、どんなケースにも誠実に適切に責任ある対応できるように成長できます。

スーパーバイザーのサポートなしでも、責任を持ってプロとして活動できるようになったら、スーパーバイザーから自立していくものです。

ずっと誰かに確認して、誰かに一緒に責任の一部を共有してもらうことも無いのです。

また、スーパーバイザーが、施術者のワークや意図を理解できない場合にも、スーパービジョンは提供できません。ですから、全く独自に開発し、スーパーバイザーに説明しきれないワークの場合には、プロとしての姿勢ややり方についてはスーパービジョンで指導を受けられますが、ワークに関しては、スーパービジョンを受けることは通常できません。

ご自身のニーズにあったサポートを見つけられるように、ここではもう少し書き進めたいと思います。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中