富士・霧島、地殻のワーク: 太陽系宇宙、銀河系宇宙、外宇宙

4月4日から8日まで連日、京都の御所と鞍馬、琵琶湖の竹生島、奈良の平城京と薬師寺、斑鳩の法隆寺、富士山などを車で転々としながら、それぞれの場所で予定されていたワークをこなしてゆきました。

大勢のライトワーカーさんによって、念入りに行われた準備のおかげで、平城京にある大きな封印を解除することができ、縄文時代に封印されたUFOを浮上されて古に用意された叡智と祭儀の場を開きました。こうして開示された場と叡智とエネルギーにより、銀河神界とアセンション意識の宇宙への展開のためのイニシエーションが始まりました。平城京に宇宙から集まった様々な次元と世界からの存在は、このイニシエーションを通して、地球から始まるこの一連の動きを銀河神界のサポートのもと推進する権限と力を得たと言えます。

富士山には、太陽系、銀河系だけでなく、それ以外の宇宙からも、アセンションに関するコミッティー(委員会、諮問会)などから代表者が集まり、今後の流れに関する交流がなされました。それを通して、その後九州でなされる近くのワークの全貌が決定されたのです。

その後飛行機で向かった九州の霧島では、霧島神宮での準備のあと、高千穂の天孫降臨の地にて、太陽系宇宙、銀河系宇宙と、地球の地殻をつなぐワークを行いました。太陽と地球がツインとして共有する魂の部分を交わし合い、統合し合う儀式から始まり、それ以外の無数の星々とも同様の結婚にも似たやりとりが行われ、地球の地殻を中心に起こっていくアセンションがこうした宇宙の星々全体に共振され、同期されていくことになります。

 

img_6110

img_2208

IMG_6098.jpg

img_6149

img_6196

img_6192

IMG_6067

img_2286

IMG_6076

10日は熊襲穴にて、日本神界のカルマ解除のワークも行いました。この宇宙の様々な階層と次元の存在が解放され、ともにアセンションへの道を歩むための統合のためのワークの一部ですが、これが世界中、宇宙中でこれからも起こっていくと思います。特に太陽系のカルマ解除のをはじめとしたアセンションへのは、これから多くなると思われます。

この一連の地殻のワークを通して、太陽系宇宙に影響を受けている物質レベルの地上を含めた世界と宇宙にとって、4月16日新月に予定されている大きなアセンションのステップのための、太陽系宇宙のアセンションを促進するためのイニシエーションとも言える儀式を行ってきました。

本日4月10日には、鹿児島の霧島から、京都に移動し、明日11日には、16日のための大きな動きを始めるための合図となる、儀式を京都で行います。

4月16日にこの世界がどう動き出すのか、宇宙と地球と全ての存在がともに奏でるこのアセンションを調和ある音楽として捉え、そこに愛と調和を見出していくことが、私の参加方法のような気がしています。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

富士・霧島、地殻のワーク: 太陽系宇宙、銀河系宇宙、外宇宙 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 期間限定、遠隔ヒーリング特別企画 | リーブスブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中