錬金術活用方法

galaxy-widescreen-high-definition-wallpaper-for-desktop-background-download-free

錬金術は、無から有を作り、全くないコンセプトや真理をこの世界にもたらす、魔法のような技です。人間がその独自性を発揮し、宇宙の創造に喜びを持って関わるのに、これほどぴったりな技はありません。「そんなものは存在しない。」「そんな風に世界はできてない。」そういう固定概念をくつがえし、世界と宇宙を新しくする技なのです。

鍊金術講習を受けた方は、その技術と知識を得て、錬金術がすぐ行える「錬金術師」として覚醒しています。そこから独自の創造や錬金術を深めて行くのです。錬金術師は、その人の望みに寄って技を行います。一人一人の望みが違うように、人によって錬金術の活用の方法は違ってきます。この錬金術個人指導では、何をしたいかの目的や意図がある方に対し、それを形にして行くための指導を行います。

錬金術を行うのは、あくまで指導を受けられる方で、指導者はエッセンスの錬金術をはじめ、指導者それぞれの独自能力や知識なども使いながら、その方が錬金術を実践して行くことをお手伝いします。錬金術個人指導を通して、独自の方向性や活用方法に錬金術を使いこなして行けるようになってきます。錬金術師が心から望めることにより、無限に様々な可能性で技を作って行けます。

以下のように、リーブスで学ばれた錬金術を活用する際に、錬金術個人指導でやり方などの指導を受けていただくことができます。

● 独自ワーク開発: 現在私の指導しているワーカーさんは、この錬金術指導だけで、殆どの独自ワークを完成させています。錬金術師に覚醒していると、普段無意識のうちに自分でワークを創っていたりもするので、この指導を使って完成し、確認するのです。そのため、錬金術を学んだ人で私の指導している人の独自ワーク開発を依頼されることはあまりありません。

● エネルギーの錬金術の場合、特別な効果や目的を持ったエネルギーを作ったりします。エネルギーの錬金術で創るエネルギーは、どのように働きかけるかについても、細かく定義して作って行くことが出来ます。エネルギーを使ってできることは驚くほど多くあります。無理だと思うことでも個人指導で是非相談してみてください。私の持っている秘伝(黄金の花、神聖の錬金術、青い石の錬金術)も使って驚くようなエネルギーを創るお手伝いが出来ます。

● 波動の錬金術では、特定の現象を起こしたり引きつける波動を作ったりします。魅力、集客、特定の人達を引きつけるなどの引力を使った属性を人やものにつけるのも、この技を使います。また、他者と特定のエネルギー的やり取りが起こりやすいようにするのも、この技を使って開発して行くことが可能です。

● 生命の錬金術で、新しい生命体を創り出したりもできます。ホムンクルスもこの技で創ります。リーブスが販売している招き猫にも、生命が与えられ、主体的に役割を果たすような加工がされています。別に動き出したりさせなくても、そうした生命の与え方もあります。また、人間や生きている存在の生命のあり方を更新する技も可能です。錬金術師が心から望めることにより、無限に様々な可能性で技を作って行けます。

● 火の錬金術では、自分を知るプロセスの中で、自分の霊的表現としての覚醒の火や伝授の火などを作ったりします。火の持つ霊的覚醒の力を使って、パワフルな封印解除、各種霊的覚醒のワーク開発にも使えます。火を操る練習が、火の鍊金術講習にありますが、火を操ること自体、とてもシャーマニックであり、神官的でもある技術なのです。

● 火の錬金術では、霊的叡智や知識の伝授もできるため、各種ワークなどの伝授の開発も行います。それは伝授者が自分の叡智や知識を整理し、何を伝授すべきかを整理するところが基本となるのですが、その指導も行えます。

● 光の錬金術は、性格、習慣、能力、姿など、その人の「形」を光のレイヤーで捉えて、新しい形を作り込む技として最も多く使われています。「光」自体を作り込んで、新しい変容技術を開発するなども可能だと思いますが、これも錬金術師の望むのままです。アイディアよりも前に、「願い」や「望み」があり、それをアイディアや形に落とし込んで行くのも、錬金術個人指導で行えます。

● 水の鍊金術は、「生命の媒体」に関する錬金術であり、「水」に限定した技ではありません。(例えば、波動水を創る場合などは、エネルギーの錬金術などの方が向いていたりします。)「生命の媒体」を変えることで、そこに宿れる生命が変わってきます。そのため、生命の錬金術とともに、使うことも多い錬金術です。

● 魂の錬金術では、シャーマニックな魂への働きかけを始め、特定の魂に関する変容や革新を促すような技を創ることがよくあります。制限なく、行いたい技があれば、錬金術個人指導でご相談ください。他の錬金術同様、企画やアイディアからのお手伝い、術の活用方法の指導などをさせていただきます。

● 各種錬金術上級技術は、別途遠隔での能力開発や伝授などを行って指導しております。どれも次元超越的で、宇宙的な技になっており、一人一人によって伝授内容、開発内容、指導内容が多少異なります。できるようになることも一人ずつ違いますので、できるようになりたい内容などの希望があれば添えて、リーブス事務局までメールでお問い合わせいただければご案内させていただきます。

● 施術に対するアドバイスや使い方の指導もあります。他にも色々な錬金術の活用方法や技術があります。今回の私の指導では、基本的にはリーブスで指導させていただいているものだけを対象とさせていただきます

現在錬金術個人指導は、リーブスの錬金術トレーナーさんを始め、エッセンスの錬金術を修め、なおかつ適切な指導をすることができる能力(スーパービジョンやチャネリングの能力など)を持った方が提供されています。仲裕美子による錬金術個人指導は、現在時間的制約から、現在一部のトレーナーさんからのみお受けしております。今回は定員はございますが、リーブスの鍊金術講習を受けた方なら誰でもお受けいただくことができきます。この機会に、是非、この錬金術個人指導で、皆さんができるようになることを発見してみてください。

こちらのリーブスのホームページでは、この錬金術個人指導と、およびそれを聴講されることになる、錬金術指導者トレーニングの両方の詳細をご案内し、お申し込みをお受付しております。

錬金術個人指導は、先着順定員受付で、現在こちらのリンクからお申込み受付け中です!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

錬金術活用方法 への4件のフィードバック

  1. みぃ。 より:

    今晩は。仲さん。錬金術は一体なんなのかと検索したり、考えたりしていた矢先に、今回の記事に結構具体的な説明が書かれていたので驚いています。私は錬金術を受けれる資格はまだまだ無いのですが、何から初めたいのかなど、いろいろ考えを模索している最中です。まだまだ
    未熟ですが、l少しづつですが理解できるようになりたいと思います。そして行動を起こしたいです。錬金術の説明、ありがちうございました。

    • みぃ。 より:

      ありがとうございました。

    • leavesinstitute より:

      コメントありがとうございました。錬金術は一人一人違っていていいものです。やりたいと思えば、引きつけて、出来るようになると思います。もともと私達が持っている自然な力でもあると思います。ただ、それを使えるようになるのが大変で、古代から多くの求道者や僧侶、学者達が、覚醒の方法を研究して来たものでもあります。リーブスの覚醒は画期的で、「嘘でしょ」というような、今まであり得なかったものでもあります。殆どの方が、ほぼ直感的に、特に理屈なく、ここにたどり着いて覚醒されて行くようです。自然な流れがいいですね♪

      最善をお祈りいたします。

      • みぃ。 より:

        お返事ありがとうございます。直ぐにお礼をコメントしようと思いつつ、色々錬金術やシャーマン、その他の事を検索して読んでいるうちに、あっという間に時間が過ぎてゆきました。特に面白かったのは、エメラルドタブレットの写真を見ていたら、脳のあちこちがチカチカと光った様な反応したことです。それと、陰陽道で風を読む、と読んだ時に、ふと自分が庭に出て誰かと一緒におり、何故かどの様にウチの敷地内で風が吹いているのか、太い白い線がハッキリ描かれているのが見えて驚いたことです(自分はその様子を屋根の上から見ていました)。どのプログラムを選ぼうかと考えていましたが、先ずは4/7のシャーマンとレムリアの無料覚醒に申し込みさせて下さい。剣山と読んで良く解らないけど、自分の意識が頭のてっぺんからフッともう其方へ行ってしまった様です。まだ誰も居る筈がないのに。今日は私にとってfreeの日だったので良かったです。宜しくお願い致します。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中