レムリアの光の柱とレムリアの柱巫女

8589130595534-lemurian-angel-temple-wallpaper-hdレムリアの柱巫女とは

「黄金の扉を開く」という2016年10月6−23日のイベントに同時開催で、10月13日までの受付で、「レムリアの光の柱伝授・レムリア巫女覚醒」を開催させていただきました。今回行ったこのイベントでは、お申込みいただきました方は、2日間の遠隔での覚醒ワーク・能力開発の後、3日目の午後21時に覚醒の儀式を完全遠隔で実施させていただいております。「レムリアの柱巫女」の覚醒と使命の伝授として覚醒した上で、2005年からミクシイで案内され何度か遠隔で行われた伝説的イベント、「レムリア瞑想」で下ろしたのと同じ「レムリアの光の柱」をずっと下ろせるように伝授しています。この「レムリアの柱」は、その人の真実を覚醒し、その方が覚醒しつつある自分の真実に向かい合い、それを受け入れることができるように癒しと覚醒を、柱を下ろす相手に与えます。自分の生命の根源、魂の故郷を思い出させるような、懐かしさや安心をその人にもたらしながら、相手に「存在そのものの癒し」を行い、幸せで豊かな人間的生活への覚醒を促します。

以下では上記の伝授を受けてくださいました方々に追加のご案内をさせていただきますとともに、レムリアの柱巫女に「レムリアの柱」を下ろしていただく方々にも読んでいただけるように書いてありますので是非ご覧くださいませ。

レムリア巫女覚醒について

これはライトワーカーとしての覚醒ワークです。レムリアの巫女として、レムリアからの神託(言葉ではなく光やエネルギーによるメッセージや予言)や主にヒーリングや覚醒のためのエネルギーのチャネリングができるようになっております。

レムリアの巫女として今回覚醒した方は、運命的にこの機会を待っていた、「呼ばれている」方々です。そう言う方々には、恋するように運命に引きつけられる魂の「コーリング」が起こり、ワクワクするようなシンクロの出会いや人生の発展に励まされながら、特に日本の覚醒のための祈りに参加するように呼ばれるのです。これはレムリアの神官や私が呼ぶのではありません。これらの儀式によって開かれる新しいエネルギーや世界の有り様によって、あなたの魂があなたに覚醒を求めて呼んでいるのです。新しい世界の始まりに「神聖なるレムリアの祈りの響き」を轟かせるために。

レムリアからの神託については、「わがレムリアよ、我に光の神託と癒しを下ろしてください」というように願うと、その人がどれくらい受け入れられるかにもよりますが、ふわっとした癒しのエネルギーや、一条の光を感じるような言葉の無いメッセージが降りてきます。メッセージは言葉で降りることはありませんが、それぞれの方のガイド(守護霊など)によっては日本語に直して下ろしてくれたり、ご自身にレムリアの光の解読能力があれば日本語やイメージに解読することが出来ます。解読できなくても、その光のメッセージにそって、レムリアの巫女は行動したり、話したりできるものですので、自然にそれを活用することが出来ます。

巫女モードの時には、自分の中にまっすぐなエネルギーの流れを感じるものですが、人によっては感じにくいことがあります。特に大きな祝福に満ちたメッセージが降りる時には、手のひらに金粉が出て、その仕事の喜びを示すような反応がでることもあります。

受講資格がない完全遠隔での提供となっておりましたので、ある程度のチャネリング能力やテレパシー能力の無い方が、レムリアの柱巫女に覚醒した状態を使いこなすのは難しいかもしれません。リーブスのチャネリングコネクテッド、またはテレパシー開発、またはサイキックプロテクション高次元版を受講してらっしゃれば覚醒後活用していただきやすいと思います。これらの講習をこの覚醒後にマスターされることでもお受けいただけます。

今回は「レムリアの巫女」としての活動指導などは行っておりませんので、ご自身でメッセージやテレパシーを受け取りながら活動していただく必要があります。また、こうしたテレパシー能力やチャネリング能力は、今回の開発には含まれておりません。リーブスのワークでは、チャネリングコネクテッドや、テレパシー開発、サイキックプロテクション高次元版などが、そうした能力の開花のお手伝いとなりますので、必要な方は追ってご検討ください。

レムリアの光の柱について

レムリアの柱は、5次元以上の叡智やエネルギーに関するワークで、高次元の存在達の交流を可能にするレムリアの科学の象徴として、レムリアの神殿でのみ使われてきました。基本的に「レムリアの柱」を下ろせるのはレムリアの神官と神官について働くレムリア巫女だけであり、無料伝授などでこの柱の伝授を試みましたが、「レムリア巫女」および「レムリアの柱」を起こすためのワークなしで無料伝授しても、安定して使えないことがわかっています。

レムリアの光の柱の効果と目的

レムリアの光の柱を下ろすことによって、その対象を癒し、愛に満たして祝福し、その対象の波動をあげることができます。

その対象の状態や状況によっては、すぐに波動が上がらない場合がありますが、繰り返し行うことで変化しやすくすることが出来るようになると思います。

伝授を受けた人は、光の柱を人や場所やものに、直接目の前でも遠隔でも下ろすことができるようになります。

光の柱の効果は、場合によって変わりますが、その人や場所の波動をあげるだけでなく、その人や場所に潜在する能力や宿命を覚醒させる働きがあると思われます。それにより波動があがるのです。

この伝授により、地上に光の柱を立て、地上の波動をあげる必要のある今の時期である今に、「レムリア柱巫女(光の柱を地上に立てるライトワーカー)」として任命されます。

レムリアの光の柱を下ろす

上記の感覚とともに伝授を受け取った後は、意図した場所に光の柱を下ろせるようになります。伝授を受けた人は、イメージするだけで光の柱を下ろすことが出来ます。意図した場所に光の柱が天空からおりて来て、その場を光で満たして行くイメージをすることによって、柱を下ろします。

イメージがしにくい場合には、片手を上げて、「レムリアの神殿につなげる」と心の中で意図し、手の先が光の源に繋がったイメージをしながら、対象となる人や場所に光の柱を下ろします。

光の柱は、対象によって自然に大きさが変わります。その対象の大きさよりも小さい光の柱であっても、そこに高い波動をもたらす効果は変わりません。

この光の柱は、無料で誰にでも自由に下ろすことができます。柱を下ろす方の喜びと個人的な人生の目的に合致しているだけのワークとなりますので、負担になったり邪魔になったりはしません。また、不必要には下ろせないので、下ろせる時には必ず相手の方の役に立つことができます。(こちらにはどういう役に立ったかはわからないものですので、その方が普段から内省している自意識のある人でしたら是非伺ってみてください。)ですので、気楽に活用していただけます。

見えない、感じない人へ

人によって感じるのが苦手な方は、全く何も感じないと思います。感じなくても伝授はできますが、以下の柱を下ろすイメージも出来ない場合には、自分でしている感覚が全くないことがあります。これについては、チャネリングや自己受容の癒しなどのワークを通したトレーニングやヒーリングによって変えて行くことは可能ですが、このイベントでは、そうしたワークは提供しておりませんのでご了承ください。希望者には、ライトウィズダムイニシエーションという常時セルフヒーリングを使った、チャネリングコネクテッドなどで、その人に独自のチャネリング手法や受け取り方をマスターすることをお勧めします。

今後とも、是非ずっとご活用ください。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中