陰陽師「雲上献命無私無身」大地と地球の癒しと浄化イベント開始しました

エリス・テイラーによるレイライン研究

イベントの癒しと浄化のための活動は本日2015年2月3日(火)午前10時より開始しました。

「季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、それを追い払うための悪霊ばらい行事が執り行われる。」http://ja.wikipedia.orgより抜粋。

とあるように、このワークに適した今日の節分の日を選びました。大寒最後の日らしく、ロンドンは雪でした。白い雪景色を見ると、いつも浄化の平安を感じます。

今回のワークは以下の通りを現在目指しています。様子を見ながら、安全かつ有効なワークに、仲裕美子が誘導して参りますのでよろしくお願いします。

日本のレイライン近辺のワーク

日本のレイライン

上記のレイラインに沿って、以下の陰陽師の方々が必要なワークを行っています。

竹下久惠

吉田 佳名子

上記ワークに刺激されて必要となる祟り地等の浄化ワークは、以下の陰陽師の方々が実施してくださっております。(順不同):

三代川眞樹

高橋優佳

喜龍一真

しおだ桂子

龍野 雄貴史

東中留美子

石塚晶子

飯島義博

この他にも二名の陰陽師の方がお名前を伏せてご参加してくださっております。

世界に繋がるレイライン

世界のレイライン

日本のレイラインが世界にも繋がっています。このイベントでは、直接世界規模でレイラインにアクセスせず、日本を中心にワークを行っています。浄化の波動や影響が広がるよう、日本にフォーカスしたワークを行っています。

キリストグリッドを使った世界への働きかけ

エリス・テイラーによるレイライン研究

キリストグリッドを使った世界への働きかけは、1999年以降ずっと仲裕美子も関わっているワークです。アセンションしつつある方々からは、クラウンと大地を繋ぐ垂直の青いオーラのようなものが出てきます。それは宇宙意識と繋がる新しいボディの一部であり、キリストエネルギーを帯びています。キリストグリッドは、人間だけでなく地球がアセンションに向かって進化・覚醒するための方向性を指し示すものです。キリストグリッドには、多くのシャーマンや陰陽師のような仕事をしているライトワーカーが関与しており、常に進化・覚醒に向かうためのエネルギーが流れるように繋がっています。

今回のイベントでは、キリストエネルギーを潜在している村上 上(むらかみ じょう)さんに、このグリッドに今回のイベントを繋ぐミディアム的役割を担って頂きました。今後の彼の活動の中で、多くの人に影響を与えることになると思います。

以上12名の陰陽師と、その中心を成して全体を地球に繋げる1名のキリストによって、13名のプロジェクトでイベントを行っております。主催の仲裕美子は全体を統轄し、必要な伝授や調整サポートをさせて頂きながら、皆さんが活動しやすいように状況を整えさせていただいております。

現在は、まだ活性化の段階ですが、今回の5日間のイベント後にもこの流れが続き、浄化と癒しのワークは継続します。参加している陰陽師さん達は、イベント後は随意で継続されます。

2000年には、キリストグリッド以外に、海中の随所に「愛の増幅装置」のようなものを当時ご縁があった故サイババと一緒に設置しました。もちろんエーテル体とも言える、グリットボディですが、それらは地上の方々の愛が地上に十分に満ちると物質化され、生命の源である海を浄化するように設計されています。当時お手伝いしていた、応用物理学研究所のご好意で仕様設計書を拝見させていただいた「水質浄化システム」にヒントを得て開発・設置したものです。世界は愛に満ちてくると大きな変容を見せます。一緒に奇跡を起こして行きましょう。

皆様からの愛が、より大きな流れとなって世界を包んで行く愛のグリッドとなりますよう、是非応援してください。

愛と感謝をこめて
仲裕美子

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中