レムリアングリッドをもっと教えたい

画像

レムリアングリッドというワークは、脳神経医学、精神医学、精神分析心理学、トランスパーソナル心理学、心理療法、私自身の英国の大学院での現象学的内的混沌への研究などから、28年練りに練って完成したワークです。私自身の研究と、マイケル・ウォッシュバーン、アブラハム・アルマース、オットー・クローネンバーグなどのトランスパーソナルな人格形成理論、スタニフラフ・グロフも研究した妊娠中から、クラインやウィニコットなどの対象関係論でも言われる幼少時に至るまでに形成されたパターンを、脳波に関係なく変えられる安全な環境を、その人の霊的目的や人生の目的に基づいて形成する個+環境のグリッドを通してエネルギー的に提供し、寄り道無く主体的に変化するのをサポートします。

治療行為としては認められないとしても、統合性失調症、鬱病にもかなり効果があることが、臨床を通して分かっています。

自分で言うのもなんですが、最高の出来です。

今回日本での講習はキャンセルになりましたが、ヒーリング、心理療法、その他のアプローチで困難な癒しや変容に協力に働きかけるこのテクニックを、今後どんどん広めて行きたいと願っています。

今回講習と、トレーナートレーニングを日本でできなかったのが、本当に残念でなりません。これだけを教えるためだけでも、もう一度夏以降に日本に来たい私です。先日弁護士と話したら、8月以降は出れないと言われていたのが、何と大丈夫と言われました。その他の状況が揃ったら、是非年内にもう一度来日したいです。子供のお休みが無ければ短期しか来れない母子家庭の私ですが…。

http://jp.leavesinstitute.com/courses/lemuriangrid01.html

カテゴリー: 未分類 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中